ヘルニアクソ野郎エンジニアblog

~ヘルニアでHell near~

「オンラインで書籍購入はハズレが多い」結構な割合で目的の書籍が図書館で借りられるので、まずは借りた方が絶対に良い

calendar

アマゾンや楽天等、ECサイトでの買い物が当たり前になった現代では、レビューだけで判断し、目的の物を購入している事が多いのではないでしょうか。

かくいう私も、書籍などを、「評判がいいから」という理由だけで購入しがちであります。

ところが、いざ手元に届いた書籍を読んでみると、「え?」「思ってたより微妙」となる事が多々あります。

これは一概に、書籍が悪いのというのではなく、自分が目的としていた内容とちょっとズレてる、とか、自分のレベルに合っていない、とか、つまるところ「書籍の細かい内容の確認不足」が原因になります。

書籍を購入する時の基準として、「目的としている内容が得られるか」が一番のポイントとなりますが、ECサイトでは「レビュー」を見る位しかできません。

目次は確認出来るかもですが、細かい内容までは把握しきれません。

ワンクリックで家まで配達してくれる利便性は素晴らしいですが、自分にとってハズレの書籍を引いてしまう可能性がどうしても高くなりがちなんですよね。

ですので、書籍に関して言えば、「本屋さんに行く」か「図書館で借りる」がベストであると考えます。

どちらも、中身を確認できますから、ハズレを購入する恐れはありません。

個人的には、図書館で目的の書籍を探し、一旦借りて、読み返したい程気に入ったら購入する、の流れが良いような気がします。

それでは、今回は図書館の良さについて、簡単にまとめようかと思います。

まあ別にこれ以降は読まなくてもいいですが、図書館、必ず各地域に配置されているはずですので、行かれてない方は行ってみてください。

利用しないのは勿体ないです。

 

スポンサーリンク

図書館の利点

規模にもよるがあらゆる書籍があり、全てがタダ

新刊などは無いでしょうが、結構なボリュームで各ジャンルの書籍が揃っています。

目的の書籍を探している最中に、「あ、これも読んでみたいな」と、運命的な出会いをする事があるのです。

そんなこんなで、他になにか良いのないかな、とついついうろうろしてしまうのですが、そこで少しショッキングな出来事に出くわします。

「。。持ってる書籍ほぼ全部ある。。」

です。

購入した書籍はいつでも読み返す事ができますが、中にはハズレの書籍もあるわけで、それに関しては一切読み返す事はありません。

図書館を利用すれば、「とりあえず借りて、合わなかったら読まずに返す」ような事ができるので、一切費用はかかりません。

ハズレの本、借りてたら買わなかったのになあー、てなるんです。

借りる期限はあるものの、あらゆる書籍があり、全てがタダというのが、最大の利点でしょう。

躊躇なく本を選べる

タダがなせる恩恵ですが、例えば本屋さんでは、中身を確認して、ハズレを免れる事が出来ますが、これ内容確認するのに結構時間がかかります。

一方図書館は、「タダ」という最強の武器がありますので、気になるタイトルは「流し見だけして躊躇なく借りる」事ができます。ハズレでもノンダメージですから。

確認に時間を割く必要性が少なくなるので、なにかと時間時間と、生き急いでいる現代の若者には丁度いいのではないでしょうか。

私は別に生き急いではいませんが、性格上「本の中身をじっくり吟味」するような事は面倒だと思う方なので、躊躇なくばんばん借りることが出来るのは、かなりありがたい事ですね。

その他

ちょっとした個室というか、勉強スペースがあるので、あの静かで、かつ資料も膨大にある空間はやはり勉強にはもってこいの環境ではないかともおもいます。

夏なんかは良いですよね、クーラーの電気代も節約できますから。

マンガも置いてますよ。

なんかソファーもあったな。昔の図書館とはだいぶ様変わりしています。

 

図書館のデメリット

無い。

なら書くなって話ですけど、一応。

なんか「借りに行くのと、返しに行くのが面倒」とか言いそうな人たちがいそうなので。。

では、そんな人たちに。

歩け。

軽い運動にはなるだろう。無料なのに文句言うな。

え?面倒とかそんなんじゃなく、時間がもったいない??

凡人ごときが時間を口にするな。

最先端の科学者のような人物でない限り、時間が時間がとぬかすな。

お前の時間なんて、屁こいてプーじゃ。

意味は分からんけど。そういう事や。

  

おわりに

図書館は、我々の税金で作られた非常に有意義な施設です。

利用しない手はありません。

ECサイトで恐ろしく手軽に書籍が手に入る時代ですが、図書館に行ってない方はぜひ行ってみて下さい。

きっと、人生を変えるような書籍に出会う可能性だってありますよ。