電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

「ドコモ光のメリット」ドコモユーザー名義で契約すればかなりお得!光コラボなら乗り換え費用も¥0!

calendar

reload

「ドコモ光のメリット」ドコモユーザー名義で契約すればかなりお得!光コラボなら乗り換え費用も¥0!

筆者は戸建ての光回線「ソフトバンク光」と契約してるのですが、訳あって数年前から解約したいと思っていました。

というのも、もともと「NTTフレッツ隼」と契約してたのが「かなり安くなりますよ?」ってなソフトバンクお得意の体のいい謳い文句にひっかかり契約変更、しかし蓋をあけりゃ料金は変わらず、、しかも通信速度もかわらない、、(むしろ遅い)

家族にソフトバンクユーザーもいないんでなんのメリットもなく、むしろデメリットしかなかったのです。

まあそこを見越してなかった自分が悪いんですけど、とにかくソフトバンクにはかなり嫌気がさしてたんです。オペレーターにもつながりにくいし(10分以上待たされる事はざらにある)、やっとつながったら〇バアがマニュアル通りで融通が利かないし。

ってことで、元のNTTに回線を戻したかったんですが、その時は解約金もかかるし、さらに「工事費用」が発生するとのことで断念せざるを得なかったんです。

ところが先日、家電量販店で回線の話を聞いてみると、どうやら業者変更の際に発生する工事費用はかからなくなっている事が判明しました。

さらに、携帯電話と同じで、業者を変更するとdカードのポイントや家電量販店のポイント等がかなり付与されます。なにかとキャッシュバックとかお得な要素があるんですね。

筆者の場合は、ソフトバンク光からドコモ光への変更で、かかる費用は初期費用の¥3000ちょいだけ。

ポイントの還元はまずdカードに1万ポイント、家電量販店のポイントが1万ポイント。つまり、差し引き「約1万7千円」分得する計算になります。

もし筆者のように現在光コラボの会社と契約している方(特にソフトバンク!)がいれば、即刻「ドコモ光」に契約変更する事をおすすめします!

それでは、筆者の体験談を交え、ドコモ光乗り換えのメリットについてまとめたいと思います。

※すでにNTTの光回線が引き込まれている事、および家族にドコモユーザーがいる事が前提となります。また、KDDIに関しては比較しておりません。

スポンサーリンク

光回線契約の経歴

NTTフレッツ光隼

6年前に戸建てに住みはじめまして、まずNTTの回線を契約しました。

有名なやつですね、上限1Gの速度のフレッツ光隼です。

初回はもちろん引き込み工事やらで費用はそこそこしますね。

プロバイダは「yahoo bb」にしました。今考えるとこれが良くなかった!

TVも光で契約したので、月額はだいたい¥6500位でした。

提供される機器はONUの終端装置だけですね。ルーターは持ってなければ別途レンタルか購入が必要ですが。

あ、光電話加入だとONUがルーターの機能も果たしてくれます。隼の場合。

ソフトバンク光

NTTと契約から2年、更新月にyahoo bbから「光コラボ」を利用した契約変更のススメを受けました。

契約変更後は冒頭の通りです、メリットなし。ソフトバンクユーザー名義で契約しなきゃ意味はないね。はっきりいってカスな回線です。

光コラボは、既存のNTT通信網を他社が利用し提供するサービスになります。

つまり、yahoo bbが垂直統合型のサービスを展開する形になります。

NTTからソフトバンクへ乗り換えの場合は、基本機器は使いまわせます。ルーターの情報だけ変更が必要かな。

プロバイダは選べません、yahoo bbのみです。愛着がない限り(yahoo関連のサービス)カスなプロバイダです、4年間利用しての感想ですが。

ちなみに、ソフトバンク光契約時に光電話を解約しましたが、ONUのルーター機能がなくなる事を教えてくれませんでした。その後の問い合わせでもオペレーターが理解していなかった。。ググって自分で解決。カスです。

ドコモ光

NTTフレッツ光と同じに見ますが、こちらはNTTの子会社が展開しているサービスですので、つまり光コラボに当てはまります。

NTT光の契約をしていれば、ONU等の機器、設備の使いまわしが可能です。

通信速度は1Gで、隼やソフトバンクと同じですね。料金も¥6500程度で、隼やソフトバンクと同じ。(光TVありの場合)

プロバイダは選択可能です。水平分業型ですね。

フレッツ光と異なる面は、「ドコモユーザー」の名義で契約すれば携帯電話のキャッシュバックの恩恵を受けることが可能になります。料金の引き落としも携帯と同じに出来るので、確認が楽になりますね。

通信速度、料金面では他社と同等ですので、ドコモユーザーのキャッシュバック、乗り換えによるキャッシュバックが大きなメリットになります。

ドコモ光のメリット

ドコモユーザーのキャッシュバック

NTTフレッツにはなかった携帯電話料金のキャッシュバックがあります。

携帯電話の契約内容にもよりますが、多少の恩恵は受けられます。

この時点でフレッツ光<ドコモ光になります。

ということは、いわずもがな

ソフトバンク光<<<<<<<<フレッツ光<ドコモ光になりますよね。

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光で恩恵はあるだろうけど、それを加味してもソフバンはカス。理由は冒頭にかいたのと後は後述するプロバイダ。

乗り換えのキャッシュバック

他社から乗り換え(NTT回線を使用している)た場合、工事費無しの初期費用のみで契約変更が可能です。

さらに、ドコモユーザー名義で契約すれば「dポイント」が1万もらえます。(代理店で変わるかも)

さらに、筆者の場合だと家電量販店のポイントが1万もらえました。

合計で2万のキャッシュバックがあったのです。これはでかい。

工事費については、今年の8月ごろに固定回線の契約改正があったみたいで、NTT回線を引き込み済みならばソフトバンクとか他のコラボ会社からの乗り換えの際に費用が発生しなくなったみたいです。

2年更新のタイミングがあるので、解約金は気を付けなければいけませんが。

プロバイダを選べる

ソフトバンクはカスなyahoo bbしかありません。

また、最近はやりのV6(IPOE)の利用は別途追加料金を搾取されます、クソです。(ホームページで無料っぽく謳ってるけど実は有料、常套手段だなおい)

その点ドコモ光ではプロバイダを選べるので、IPOEの利用が無料な所と契約もできる訳です。

人気があるのが「GMOとくとく」ですね。

なんつっても、V6プラス利用の費用が¥0!しかも対応ルーターも無料でレンタル可能という離れ業をやってくれます。しかもかなり性能いいやつ。

これだけでも乗り換える要素はおおいにあると思う。

※IPOEについてはコチラで詳しくまとめてます↓

「ドコモ光のメリット」ドコモユーザー名義で契約すればかなりお得!光コラボなら乗り換え費用も¥0!まとめ

ドコモ光って存在はなんとなく知っていましたが、NTTフレッツとイコールだと思い込んでいました。全然違いますね。

NTTグループではあるけど、別会社、つまり光コラボになるんですね。

ですから、現在光コラボでドコモ光以外のところと契約しているのであれば、一度ドコモショップや家電量販店などで話を聞いてみて下さい。

固定回線も携帯と同じで、乗り換えの際にキャッシュバックが多く発生します。乗り換えの際の工事費用がかからなくなった今、乗り換えのメリットが大きくなっています。

是非検討してみて下さい!