電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

「世界に誇る邦楽」おすすめの邦楽⑤ 

calendar

スポンサーリンク

ASIAN KUNG-FU GENERATION

名前からしてもうすでにかっこいいバンド。筆者はベタかもしれませんが、CMの「リライト」で一発で虜になりました。圧倒的声量とアジカンならではのオクターブ奏法が特徴で、よくわかんないけど正にASIAN KUNG-FUって感じがしてたまりません。初期では主にコード重視での曲が多く、ロックの見せ所であるギターソロ無しで勝負して見事成功をおさめてました。曲が何より良い証拠です。それが突然、アルバム「サーフブンガクカマクラ」でいきなりギターソロ爆発!バンドの底力というか、あえて封印していた武器を一気に解放した感じで、それはもう興奮する作品になってます。アジカンファンなら絶対びっくりしたはず。こういの待ってました的な。能ある鷹は爪を隠してますね。とにかく、アジカンはオクターブ奏法で独自の世界観を確立した日本、いや、世界を代表できるロックバンドといっても過言じゃないでしょう。外れ曲が少ないのもすごい。

ASIAN KUNG-FU GENERATION  おすすめの曲

リライト

→ベタだけどやっぱ外せません。アジカン初期の代表曲ですね。アジカンを世に知らしめた名曲であります。

君という花

→これも衝撃を受けた1曲です。無駄を一切省いたシンプルな曲調ながら、メロディーが天才的です。奥田民生もカバーしてますね。

稲村ヶ崎ジェーン

→「サーフブンガクカマクラ」からの1曲、度胆抜かれたアジカンがまさかのこのギャンギャンギター。アジカンでまさかのイケイケギターソロ!

Re:Re

→ライブでは定番の名曲。出だしのリフですでに名曲の予感。聞いてやっぱり名曲。シンプルな構成でここまでいい曲を作るのがアジカンの特徴です。リフがもうとにかく最高。ほんといいとこついてきます。

荒野を歩け

→夜は短し歩けよ乙女(小説、映画化)の主題歌です。もういう事無しでこれも良い曲です。ゴッチ最高。

まだまだいい曲がありますが、書ききれません。。これだけかっこいい曲を無尽蔵に出してくるバンドってあまり無いと思います。アジカンに関してはもう全部アルバム聞いてほしいですね。外れ曲が少ないし、出来れば1作目から順に聞いて、「サーフブンガクカマクラ」で興奮して頂きたい。是非。

サンボマスター

見た目とは裏腹な歌い声に圧倒。またギターのポジションも特徴的で1回見ただけで印象に残りますね。それはさておき、サンボマスターもこれまた曲が良いですね。特に勢いのある曲が最高。歌詞がこれでもかって位前向きなのが多いですが、胡散臭くない。というのも、 感情が爆発して歌にのっかているからである。なりふり構わず、ぶれずにポジティブな歌詞を歌っているから心にささるんです。世界を歌で変えようとしている数少ないバンドだと思います。サンボマスターに救われた人って結構いるんじゃないでしょうか。とにかく曲のセンス、勢い、愚直なまでにポジティブな歌詞が他にないサンボマスターの特徴ですね。この勢いのある曲で聞いててスカッとさせてくれます。大好きです。

サンボマスター  おすすめの曲

美しき人間の日々

→プロモ(お寺でギター弾いてるやつ)みて一気に惹かれました。見た目も当然、声、曲の良さに圧倒。

そのぬくもりに用がある

→イントロや途中の語りが曲に合ってて、サビで一気に爆発するのが痺れる。語りの渋さはサンボマスターの特徴ですね。

君のキレイに気づいておくれ

→クラゲ姫?かなんかのアニメ主題歌ですね。TV聞いて好きになった。こういうムーディーな曲も良いんですよね、幅広い才能。

青春狂騒曲

→リフがサンボマスターっぽくて好き。特にギターソロは聞きどころ。ひそかにギターめっちゃうまいんですよね。

全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ

→ポップでキャッチーな名曲。これまた間奏の語りが渋い!最初からラストまでかっこいい曲ですね。

サンボマスターはとにかく聞いてて元気が出るバンドです。歌詞に出てくる「君」を自分に重ねるともうたまりません。曲の勢い、メロディ、声、リフ、語り、歌詞、もう全てがマッチしてて最高ですよね。ライブには是非行ってみたいバンドの1つです。

MONOBRIGHT

初期しか知らないんだけど、めっちゃいい曲たくさんあります。全体的にPOPなんだけど色々凝ってるんですよね。シャウトのしかたとか転調とか、独特のセンスが光ってます。確かユニコーンに影響受けてたと思うんですけど、確かに随所にユニコーンの遺伝子が入ってます。単調では終わらない曲作りしてますね。後期ではあのビートクルセイダーズのヒダカトオルさんがメンバーに加入してたけど、個人的には、、、初期のが好きかな。

MONOBRIGHT  おすすめの曲

涙色フラストレーション

→深い意味ありげな歌詞と少し悲しげな曲調が絶妙にマッチしてます。初期の代表曲でしょう。

未完成ライオット

→これぞMONOBRIGHT。独特のPOP感がやみつき。初期の尖った部分が歌詞に反映されてます。

頭の中のSOS

→この頃の作曲は神がかったものがありましたね。安心感あるボーカルも相まってとても聞きやすいロックです。

孤独の太陽

→POPですね。シンプルで飽きない曲、初期の集大成かな。この後位から曲の感じがかわってくんだよなー。良いのか悪いのか。。

好みの問題でしょうが、やっぱり初期が好きですね。初期のアルバムは名曲ぞろいでした。POPで聞きやすいロックなんで、是非聞いてほしいですね。

ヤバいTシャツ屋さん

歌詞はかなり馬鹿げているけど、曲がいいから聞けますね。初めて聞いたとき、古いけどセックスマシンガンズを思い出した。(歌詞については。)曲は一見マキシマムホルモンに似てる感じがしますね(POPな部分が)。少しだけど。多分影響受けてる感じはする。とにかく底抜けに明るい弾けたバンドなんで、聞きやすいし人気があるんでしょうね。

ヤバいTシャツ屋さん  おすすめの曲

かわE

→このバンドの醍醐味ですね。馬鹿げた歌詞で弾けまくってます。こういうロックもいいですよね。

リセットマラソン

→このバンドの味が凝縮してます。馬鹿げた歌詞にもかかわらず演奏が素晴らしい。曲もハードで、バンドの底力が分かる曲です。

鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック

→完全に名前負けしそうな曲名ですが、というかなんじゃそりゃって曲名ですが、それがハマるのがこのバンド。名前の通りの激キャッチー鬼POPな曲である。

バンド名や曲名からはふざけた感じは否めないけど、それを見事に覆す作曲、演奏が感じ取れるバンドです。やはり売れるには実力が必要。どんな世界でも共通して言える事ですね。今後も期待です。


この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す