電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

「次世代通信規格5Gとは?」意外と知らないIOTの要素。スマートフォンに次ぐ革命が起きる!

calendar

reload

「次世代通信規格5Gとは?」意外と知らないIOTの要素。スマートフォンに次ぐ革命が起きる!

携帯電話の次世代規格5Gは聞いたことがあるだろう。日本では本格的な運用は2020年、東京オリンピックの年を目指しているが、試験的な運用は今年2019年からスタートする。

この5Gについて、大きく分けて次の3つの特徴がある。「高速、大容量通信」「低遅延」「多数の端末接続」だ。

恐らく、「高速通信」の部分でしか認識されてない方が多いのではなかろうか。しかし、5Gの最大の魅力は「多数の端末接続」を可能する所にある。

今回は5Gについて、過去を振り返るとともに、どのような規格であるか、や魅力についてを簡単に説明したいと思う。

スポンサーリンク

歴代の移動通信規格

歴代通信

1G:アナログ通信

1G(1st Generasion)はアナログ通信にて主に通話を目的とし運用されていた。

アナログ通信の為扱えるデータ量が少なく(データの圧縮処理等が出来ない)、また周波数帯域も有効利用することが出来なかった(周波数分割接続、つまり1人でチャンネル占有)。

2G:デジタル通信

2Gではデジタルでの通信が可能となったため、扱えるデータ量が多くなった。

また時分割多重接続などにより(チャンネルの共有)、周波数帯域の有効利用が可能となる。メールやインタネット接続(携帯電話網独自のwebサイト)も出来るようになった。

日本では主にPDC、海外ではGSMといった企画が採用された。

3G:通信速度の高速化(CDMA)

通信の方式が改善され、主にCDMAと呼ばれる方式で通信速度の高速化が図られた。

周波数帯域の有効利用もさらに改善される(さらに多くのチャンネル共有が可能)。

スマートフォンもこの世代から登場する。通常のWEB接続が可能となる。

4G:更に高速化(LTE)

さらに高速化が進み、公称速度は1Gbpsに(実際はそんなに出ないが)。

容量の大きい動画などのコンテンツが利用可能になる。そしてスマートフォンが主流となる。

次世代通信規格5Gについて

5G通信

高速、大容量通信

おそらく多くの方がこの認識を柱だと思っているでしょう。

通信速度は4Gの約100倍、10Gbps(公称)である。映画でたとえると、dvd1枚、2時間で約5GBですよね。ビット換算で40Gビット。であれば、10秒かからず2時間の映画1本をダウンロードできる計算だ。

恐ろい程高速になる進化を遂げる。現行の4Gでも十分事足りると思われるが、ただ4Kや8K、VR等莫大なデータ量を扱うためには5Gの高速、大容量通信は必要である。

低遅延

後述するが、主にIOTについての内容になる。IOTによる遠隔操作、例えば医療機器の遠隔操作が可能となる時代になれば、遅延は命取りである。

車の自動運転もしかり、IOTで連携されるあらゆる物にたいして、低遅延でのデータのやり取りが可能となる。

多数の端末接続

これが最大の魅力といって過言ではない。多くの方はあまり知っていないんではなかろうか。もしくはぼんやりととらえているか、どちらかだと思われる。

この機能に関して言えば、歴代の中でも一番と言っていいほどの革命的要素が詰め込まれている。そうです、「IOT」を5Gを使用し実現させようと試みているのです。

過去を振り返れば、歴代の通信規格は携帯電話専用の通信網であった。しかし、5Gに関していえば、「IOT」を視野に入れた規格、あらゆる物が5Gにつながるということです。つまり、自動車や医療機器、家電などあらゆる物が携帯電話の基地局とやり取りする事になるのです。

すごくないですか?そうなれば、各家庭で契約している固定回線の意味はなくなるかもしれません、だって、全てが5Gでまかなう時代になるんですから(全てにグローバルIPが割り振られる)。スマートフォンに次ぐ革命だと思う。

※IPについての詳細はコチラ→もうIPv6アドレスが主流になるぞ!インターネット通信の仕組みと「IPv4」「IPv6」アドレスについて。

次世代通信規格5Gまとめ

近未来通信

ざくっと簡単にまとめたが、それでも十分に5Gの魅力について共感していただけたかと思う。

主に「IOT」の連携について、やはりこれが一番注目すべき要素ではないかと感じる。家電をはじめ多くの物が5Gを介してネットワーク接続される訳ですから。

もちろん遠隔操作もたやすいでしょうしね。既存の、当たり前になっていた家庭に固定回線の概念も覆ることになりかねませんから。

ただ、実現にむけてはまだ時間がかかると思われる。

2020年といっても、一部での利用に限られるだろうし。しかし、近い将来、5GでのIOTが主流になっていくでしょう。5Gはまさに注目すべき次世代通信となるでしょうね。