電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

「iphone11で見えるスマホ機能の頭打ち感」5Gで新たな価値を見出せるかも疑問

calendar

reload

「iphone11で見えるスマホ機能の頭打ち感」5Gで新たな価値を見出せるかも疑問

賛否両論ある今年のiphone、いや、もはや否の方が多い気がするiphone11。

新たな機能、目ぼしいのは「トリプルカメラ」だけじゃないですか?

でもカメラですよカメラ?光学ズームが付いてるっつてもまだまだハンディカムとか一眼レフとか専用に比べれば劣りますよ。遠くを撮る分にはね。

ってなればスマホにとってカメラの位置づけはそんな高くはないと思うんですよねー。どれもたいていキレイだし。それを目玉にもってくるってなるとやっぱ、ねえ。

大画面、高画質、高速通信、カメラ、っとまあさすがに出し尽くした感はいなめないですねスマホは。

来年度からは本格的に5Gの運用がスタートしますが、どうでしょうか、スマホ自体の進化は鈍るような気がします。

っていうか、もうすでに十分すぎるほど高機能なんで、別に進化の必要はそんなにいらないかなとも思うんですけど。

今回は今後のスマホについて、どうなっていくのかを考えたいと思います。

スポンサーリンク

5G運用後のスマホ

5G

大容量、低遅延通信の恩恵

5Gになれば現行の4Gより10倍程通信速度が高速になると言われていますね。

※5Gの詳細についてはコチラ↓

もうすでに十分な速度は出ていますが、これが360度のVR放送受信であったり、4K8Kの受信になってくると話は変わります。

スマホの画面自体が大きくても7インチとかそんなもんなんで、そんな高画質は無意味に見えがちですが、VRゴーグルを使用するとなると別です。

目の前に画面が来るわけですので、粗さを抑えるためにはやはり4K,8Kディスプレイが必須になってくるでしょう。360度になると尚更。

※VRの詳細についてはコチラ↓

スポーツ中継や音楽のライブ映像など、360度ビューで高画質を満喫するのはスマホとゴーグルが必需品になる気がしますね。

そういった意味ではスマホのディスプレイは4K,8Kが当たり前になってきそうで、進化する部分になると思う。

あと、スマホ用VRゴーグルの需要が高まる気がしますね。今のところ脚光はあびてないけど。今はちゃっちいのしかないけど、フィット感抜群でレンズもなんか良いやつになって出てきそう。

多接続の恩恵

あらゆる物が5Gにつながり出すので、それをスマホで簡単に遠隔操作が出来るでしょう。

ただこれはスマホの性能云々ではなく、アプリ側の問題でしょうね。

となるとやはり5Gで性能が向上するのは前途した「大容量、低遅延」に適応する部分だけになるんじゃないでしょうか。

スマホのカメラについて

スマホのカメラ機能

光学ズームオンリーになる?

少し前までは、光学ズーム付きでも固定で倍率はいじくれなかったのが、ある程度倍率変更出来るようになっています。iPhoneのトリプルカメラもそうですね。

エンジニアの苦労の賜物でしょう。いずれはデジタルズームなんてのは無くなり、光学ズームオンリーが当たり前になるかもしれませんね。

そうなりゃカメラ界は大変だ。

※カメラの種類とズームについての詳細はコチラ↓

全天球4K8K搭載?

出来るんじゃないですかね、つまり360度カメラ搭載。

※全天球カメラの詳細はコチラ↓

こんなんで動画とったらストレージえげつないでしょうけど、そのころにはストレージもTBが当たり前でしょ。

このあたりでスマホは完成形になるんじゃないでしょうか。

ですからもう、ほぼほぼ既に完成形に近い状態って事ですよね。

「iphone11で見えるスマホ機能の頭打ち感」5Gで新たな価値を見出せるかも疑問まとめ

スマホ頭打ちまとめ

恐らく現段階でスマホは完成形に近づいているといっていいでしょう。

iPhoneがカメラで勝負に来たってことはそういう事です。他にもうないんですよ、新たな機能がね。

5Gになっても前途した位しか進化しないんじゃないかな。まあすでに十分すぎるほど優秀だからいいんですけども。5Gで進化するのはインフラ側、革命が起きるのはインフラ側。

逆に使い手の方がレベルアップしないと駄目ですよね。多分ほとんどの人が使いこなせてないでしょ、スマホ。俺もだけど。

ゆくゆくはスマホもなくなるなんて言われてます、例えばMR(複合現実)ですよね、これが進化すりゃあ空間に映像がでて、それを触ったり、声で操作って感じで。

スマホが誕生して10年数年しか経ってないですよ、ITの進化スピードは恐ろしく速い。

生み出す側の人が化け物並みにすごすぎるんで、そっち側には行けないけど、我々はその産物をせめて使いこなせるようにはなっておきたいものです。