電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

【WordPressテーマのアップロード】自作したテーマを公開用サーバーにアップロードする方法

calendar

前回の記事でWordPressオリジナルテーマが完成しましたので、後は公開用WEbサーバーにあるWordPressにアップロードすれば完了です。

アップロード先はWordPressが格納されている「FTPサーバー」になります。FTPサーバーはデータのアップロード、ダウンロードが可能なサーバーで、一般的にホームページのデーターはここに格納されています。

ホームページを運用している多くの方はオンラインサーバーをレンタルしてるかと思います。したがって、レンタル先のFTPサーバーにアクセスし、データをコピーする必要があります。

アクセスの方法は2つあります。

①直接WEBサーバーにログインし、FTPサーバー側のFTPソフトでデータをコピー。

②ローカルからFFFTPなどのFTPクライアントソフトでFTPサーバーにアクセスし、データコピー。

今回は両方のやりかたをまとめておきます。

スポンサーリンク

サーバー側のFTPソフトでデータをコピー

エックスサーバーを例とします。

サーバー側のFTPソフトを利用する場合、エックスサーバーのファイル管理画面にログインします。

その後、WordPressのテーマ格納場所まで進み、サーバー側のFTPソフトを利用しローカルからテーマのファイルを選択、コピーしていきます。

特殊な操作を必要としない反面、1度に移動できるデータの上限が「5つ」の為、数回に分けて作業する事になります。※フォルダ単位での移動は不可。

ファイルの数が多ければ多いほど面倒になります。

WordPress FTPサーバ機能

 

FTPクライアントソフトでデータをコピー

FTPクライアントソフト「FFFTP」を利用すれば、1度でテーマの移動が可能になります。

初期設定が少しややこしいですが、こちらの方が楽ですね。

手順としては、まずFFFTPソフト起動後、下記の枠線内の情報を入力します。

FFFtpクライアント設定

 

ホストの設定名は任意。ホスト名は公開予定のドメイン(ホームページのドメイン)。ユーザー名とパスワードは、FTPサーバーで設定したものを入力します。

その後接続ボタンをクリックすると、下記画面に移行します。左がローカル(PC)の情報で、右がFTPサーバーの情報になります。WordPressのフォルダ群がならんでいるので、テーマ格納フォルダまですすみます。

FTPサーバー情報

 

テーマ格納フォルダに、作成したオリジナルテーマをコピーします。(左から選択して右へコピー。)

オリジナルテーマコピー

FFFTPソフトなら1度でコピーが終わります。

コピーが終われば、WordPressでアップロードしたテーマを選択し、問題なく表示されていればOKです。