電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

宮迫のyoutubeは面白くはないがひとまずTV復帰から舵を切ったのは素晴らしい!

calendar

そもそも個人的には闇営業問題はなんとも思ってないので、宮迫さんと亮さんがTVから追放(謹慎か)される形となったのがすごく残念だったんですよね。

あれから結構経ちますが、ようやく亮さんの方がTV界に復帰できそうな感じになりました。相方の敦さんが会社設立するとかなんだですごくうまいことやりくりしたおかげだとか。

片や宮迫さんはTV復帰が程遠いらしく、痺れをきらして先日youtuberになりました。

ここで賛否がすんごく分かれています。

ロンブーは「敦やさしい、かしこい、亮もよく頑張った。」みたいな。

宮迫さんは「反省してない、亮の会見前に動画配信はありえない、オワコン。」って感じ。

世間は敦さんの亮さん復帰への道筋の立て方に賞賛の嵐ですが、筆者は何故か気持ち悪く感じてしまいます。

変わって宮迫さんには、好印象がもてました。

古い考えですよ?分かってます分かってます。でもやはり「芸人」としてのたち振る舞いはどう考えても宮迫さんに軍配があがると思うのです。

スポンサーリンク

ロンドンブーツ敦さん

芸人というかもはや起業家

近年では「芸人」の形が変わりつつあります。そうです、往年の考えであった「お笑い以外の仕事はヨゴレ」的考えががらりと変わったんですね。

これはまあいい事だとも思うんですけど、重心が本業からズレすぎてもはや起業家になってる芸人が増えています。

敦さんもその部類でしょう。

すこぶる頭が良いのは分かりますが、どうしても筆者のような古い考えの持ち主はケンコバのような「ザ・芸人」を好むので、芸人として見れないし、笑えないんですね。

ばかやってる姿が無理してるように見えてくるんです。(もはやばかな事してないか)

で、亮さんを復帰させる手段も合理すぎて、スマートすぎて、亮さんはこれ復帰しても芸人としてあんまり活躍出来ないとおもうんですよね。もともと頭があがらなかった敦さんに、さらに借りを作った訳で、パワーバランスが崩壊しているでしょう。今ままで以上に受け身になるしかないんじゃないかなと。

さらに世間が亮さんを見る目があまりよくない。いや、良いから良くない。

もともと亮さんは「かわいそう」とか同情の声が多かっただけに、復帰となれば歓迎ムードだと思います。これが復帰後の「周りの愛想笑い」を作り出す。

そして、芸人としての実力不足はもとより明らか。

同情ムードのなか復帰を果たし、今まで以上に受け身になった亮さんを、世間は長く笑ってくれるんでしょうか。こらまた敦さん次第になってくる予感がします。

って事が頭をよぎるんで、あの敦さんのやりすぎとも取れる復帰への段取りが気味悪く感じる。亮さんを使って自分の力を示したいだけなんじゃないかって。

ほんとに亮さんの事を考えるなら、自力で復帰させた方が良かったと思うんです。その方が箔も付くってもんでしょう。

宮迫さんについて

youtubeデビュー

これはさすがにみなさん驚かれたでしょう。

いきなりyoutube界のレジェンドヒカル氏とのコラボで始まりましたよね。(始めは謝罪か)

巷では9割以上が「否」の勢いで卑下されていますが、筆者はこの方向転換について胸を打たれました。

ずっとTVで芸人やって、50歳までですよ?そこからyoutubeに舵を切るって生半可な事じゃできないですよ。

成功する補償は無いし、もちろん批難はばんばんくると分かっていたはず。それでもあえて芸人復帰をあきらめきれず、そこを目指して新たな一歩を踏み込んだんです。

プライド捨てて、20代の若者に指示を仰いでいるんですよ。

この行動が正解なのかは分かりません、しかしこのがむしゃらな、先見性もないどうしようもなく大馬鹿に見える行動が「芸人」っぽく感じるのです。

案の定アンチが増えましたが、これは返って芸人にとっては良い事だと思います。

亮さんの反面、「愛想笑いは無い」からです。

周りは敵だらけ、これはキツイけど、笑わせれば勝ちです。「嫌いだけど面白い」は芸人にとって最高の褒め言葉でしょう。

今のところは目も当てられない位クソつまらん動画を配信していますが、いつかふっきれてめちゃくちゃやって笑わせて欲しいですね。

松ちゃんが止めとけって言ったらしいけど、あんたの時代は終わった、黙ってて欲しい。