電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

楽天モバイルの「魅力的な料金プラン」と「今後の展望」について

calendar

4月より本格的にMNOとしてサービスを開始する「楽天モバイル」が、先日正式に料金プランの発表を行いました。

個人的には楽天の「他にない料金プラン」に以前から期待を膨らませていたので、待ちに待った時がようやく来たかという感じです。

さて、楽天の発表した料金プランについてですが、「UN LIMIT」と銘打った“使用パケット上限なしのパケット使いたい放題プラン“のみという非常にわかりやすいもので、金額は驚きの¥2980(税別)。しかも解約時の解除料なし、SIMロックなしといったメリットもあります。

さらに300万人限定で1年間は無料で契約できるスタートダッシュ的なキャンペーンも打ち出し、破格のいい条件がそろっています。

ただし、通信エリアが狭いなどの問題も含んでいるので、世間的には賛否分かれている状態です。

ということで今回は、楽天モバイルの「料金プラン」について、「今後の展望」についてをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

料金プラン

UN LIMIT

パケット使用の上限なく、使いたい放題で驚きの¥2980。MNOでこの設定金額は他のキャリアでは真似できないと思います。

ただし1つ問題があるのは「あくまでも自社回線での利用時のみ」の話であり、楽天のインフラが追い付いていない現状では多くの場所でauの回線を借りて通信することになります。

auの通信網を使用した場合はパケットの上限が2GBになり、それを超えると速度制限がかかります(128kbps)。2GB以上利用したい場合は¥500で1GBを購入する形です。

使用回線の判別は専用アプリで確認が可能ですので、極力楽天の回線で通信する事が望ましいですね。

料金についてまとめると下記の通り。

  1. 楽天の回線のみ:一律¥2980。
  1. auの回線利用時:2GBまで無料。超えると速度制限(128kbps)。ただし¥500/1GB追加購入可。

プランは1つという分かりやすさ

他キャリアの複雑な料金プランにくらべて楽天はなんと「UN LIMIT」のプラン1つだけという超シンプルな構成。

個人的にはこの潔さがとても好印象でした。

今後の展望

2021年3月までに全国エリアカバー予定

2020年3月時点で、楽天の通信網は東京、大阪、名古屋の主要部になります。

今後もネットワークの仮想化、基地局の増設などを進め、2021年3月をめどに全国エリアをカバーする予定。

※ネットワークの仮想化についてはこちらでまとめています。↓

 

衛星通信の導入

かなり驚きましたが、衛星を利用した携帯通信網のカバレッジ拡大に取り組んでいるそうです。基地局を宇宙に飛ばす感じですかね。仕組みや効果など、続報を待ちたいところです。

6Gでこういった取り組みが開始されるのは知っていましたが、すでに始めていたんですね。かなりすごい事だと思います。

※6Gについてはこちらでまとめています。↓

 

楽天のMVNOは縮小(いずれ無くなる)

MNOに移行したことで現在展開中のサービスである楽天のMVNOの方は徐々に縮小していき、ゆくゆくは無くなります(4月で新規受付が終了)。MNOとMVNOの平行サービスはダメみたい。

すでに楽天のMVNOユーザーにはMNOへの移行を勧めているみたいです。

気になる点

通信エリアのカバー率

料金プランは申し分ないと思うのですが、やはり「通信エリア」が引っ掛かります。

2021年3月をめどに全国をカバーすると謳っているので、4月のサービス開始後もどんどんエリアを広げていかないとせっかくの魅力的な料金プランが活かせません。

ここは一番の問題点なので、利用者は注視するべきポイントでしょう。

1年後も同じ料金プランか

仮に1年後に全国をカバーできたとして、¥2980でパケ放題と夢のようなプランは維持してくれるのでしょうか。

他社はまねできないプランだと思うので、そうなれば楽天の1人勝ち、だからこのプランがずっと続くのかという点で疑問が残ります。

5Gのプラン

キャリアに参入したので、楽天も今年から5Gサービスの開始を視野にいれてると思います。

いずれは5Gが主流になっていくので、5Gの料金プランも「他にないプラン」を提供できるかが気になるところです。

5Gが本格的に普及するのはもう少し先の話ですけど。

楽天モバイルの「魅力的な料金プラン」と「今後の展望」についてまとめ

自社回線ならパケ放題で¥2980ってのが最大の魅力ですね。

その魅力を活かすため、今後自社インフラの順調な拡大が楽天にとって最も重要なポイントになると思います。

とりあえず2020年3月時点では楽天のエリアが小さすぎるので、個人的には見送りかな、という印象です。

ただ、300万人の1年無料契約が出来れば話が別です、とりあえず1年無料で使って、1年後にエリアが小さいままなら解約すればいいし(解約は無料)、拡大してれば¥2980なので継続しても全然満足できるかと思います。

今後はエリアの拡大、プランの維持、5Gの他にないプラン、が楽天に期待したい事ですね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す