ヘルニアクソ野郎エンジニアblog

~ヘルニアでHell near~

au新プラン「povo」が発表!ahamo、SoftBank on LINEとほぼ同じ内容ながらも¥2490と最安値!

calendar

突然で驚きましたが本日、auよりスマホ新料金プランの発表がありました。

先日発表のあったドコモの衝撃的なプラン「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」に対抗するプランですね。

上限20GB、5G 対応、とほぼahamoやSoftBank on LINEと同じ内容となっているようですが、なんと驚きの価格は¥2490!

どうやらサブブランドのuqモバイルから出すのではなく、「オンライン専用」の位置づけで販売する模様。docomoと同じですかね。

サービス開始は2021年3月とのこと。ahamoやSoftBank on LINEと同じです。

しかしauは毎度ながら後出しじゃんけんで良いとこを持っていきますね。これなら先にプラン出す方は損しますよね。

ということで今回は、au新プラン「povo」についての詳細、また他社のプランとの比較をまとめようかと思います。

スポンサーリンク

au新料金プラン

「point of view」(povo)

ahamo、SoftBank on LINE対抗に、auの提示したプラン内容の主な内容は下記のとおり。

・月額¥2480

・データ上限20GB(超過時は1Mbpsの速度制限?)

・+200円で24H分データ使い放題

・5G対応

・オンライン専用契約

・キャリア内移動手数料無料

・割引条件は無し

・キャリアメールなし

こんな感じですね。

料金以外はahamo、SoftBank on LINEと同じと言っていいでしょう。

料金は¥2490と、500円程やすくなっているのが一番のポイントです。

ここまで下がってくるとほんとにMVNOは持つ意味が無いですね。

UQモバイルとのすみ分け

現在のサブブランドであるUQモバイル、こちらの立場はどうなるのかと思いましたが、どうやら「店舗サービス」の有り無しの差のようです。SoftBank on LINEとYモバイルのような関係でしょうね。

一応UQモバイルも下記の料金プラン変更をかけるそうですが、若干povoよりも高い印象です。つまり、「店舗サービス」がある代わりに割高ですよ、という感じでしょう。

Mプランが15GBです。ですがpovoは同価格で20GBが上限です。

UQモバイルプランくりこしプランSくりこしプランMくりこしプランL
パケット上限3GB15GB25GB
月額¥1480¥2480¥3480

しかしUQモバイルも安いですね、全プラン500円ほど値下げしています。こちらは2月から開始みたいですね。

povoは、ahamo同様「オンライン専用ブランド」的位置づけになります。したがって、複雑な手続きがオンラインでも問題ない、比較的若い層向けのプランと言えるでしょう。

auのメインプランも多少変更がありましたが、伝えるほどでもないので割愛します。

ahamo、SoftBank on LINE、楽天との比較

auが頭一つ抜けたか?

4社比較

楽天は通信回線が未だ不安定なので、楽天のみが取り残された感じですね。

他の3社については、こまかいプランの違いはありますが、気にするようなレベルではないので、やはりサービス内容に関しては横一線といった印象を受けます。

となればやはり今回auの発表した¥2490が一番メリットがあるような気がします。

500円の差は結構でかいですよね?

まとめ

auも追随するのは目に見えていましたが、まさかさらなる値下げまで組み込んでくるとは思いませんでした。

ですがまあ、他社からわざわざauに乗り換える位なら、今のキャリアのオンライン専用プランに鞍替えした方が良いような気はします。

つまり、この発表によって3社の契約数に変動はあまりないような気がします。

。。

いや、楽天だけがまずい。楽天ユーザーなら、auに乗り換えても良い気がする。

楽天ユーザーを引き込む為に、他社より安い¥2490のプランにしたんじゃないでしょうか、もしかして。。

とにかく楽天は、ahamoの登場によって勢いがなくなりました。出始めはすごくよかったんですけどね。もう今は¥2980は当たり前になりつつありますから。

不祥事も絶えない楽天、今後どう出るかが見所です。

今のプランで、¥1980で対抗してこないかな?もうそれしか無理じゃないか楽天。1980なら俺は契約するよ。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す