電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

TONEモバイル新機種wiko「e19」はコスパ最強!TONE契約者も検討されてる方も必見!

calendar

reload

TONEモバイル新機種wiko「e19」はコスパ最強!TONE契約者も検討されてる方も必見!

ついに新機種の情報が公開されましたTONEモバイル「e19」。製造メーカーはフランス大手のwiko。

現行のTONEモバイルの機種は「m17」1機種で、契約の際は機種選択の余地がありませんでした。

しかし今後はe19とm17、どちらか選択が出来るようになります。

(2019.3.17追記:m17は2019.3.31までで販売終了となります。)

筆者はすでに保守の終了したm15を未だ持っていますので(m17の後継機発売を待っていた為)、これを機に機種変更を考えようかと思います。今回は新機種e19のスペックについてやメリット、デメリット、m17との比較等を纏めたいと思います。

すでにTONEモバイルと契約の方、またTONEモバイルを検討中の方は是非参考にして頂きたいです。

※TONEモバイルを検討したい方はコチラ→「TONE モバイル」は格安スマホNo1.mineoより優れているぞ!

※TONEモバイルSIMについてはコチラ→TONEモバイルのSIMを他のシムフリー端末で使ってみた感想。

スポンサーリンク

m17とe19のスペック

スペック

m17

ディスプレイ:5インチ 1280×720

CPU:snapdragon410(1.2GHz クアッドコア)

メモリ:2GB ストレージ:16GB SD:256GB

バッテリ:2580mAh

アウトカメラ:13M インカメラ:5M

WIFI:a.b.g.n WIFIダイレクト、テザリング 

非接触通信:FeliCa対応 NFC 

その他:ワンセグ  bluetooth4.1

OS:アンドロイド7.1.1

e19

ディスプレイ:5.93インチ 1512×720

CPU:snapdragon450(1.8GHz オクタコア)

メモリ:3GB ストレージ:32GB SD:256GB

バッテリ:4000mAh

アウトカメラ:12M+5Mデュアル インカメラ:8M

WIFI:b.g.n WIFIダイレクト、テザリング 

その他:DSDS  bluetooth4.2

非接触通信:NFCのみ

OS:アンドロイド8.1

※WIFI acは不明

(2019.3.17追記:acは非対応)

e19の特徴

メリット、デメリット

メリット

まず画面の大きさ。約6インチの大液晶で解像度はHD。十分キレイでしょう。

そしてCPUは1.8GHzのオクタコア、3GBメモリで普通に使う分には動作はサクサク。

ストレージも32GBと大容量。さらにバッテリーも4000mAhとこれまた大容量。デュアルカメラでズーム時の画質等も向上してます。

SIMのデュアルスタンバイで海外での使用も楽。

そして最大のポイント、価格が19800円!ミドルレンジクラスの端末がこの価格、なかなかないんじゃないでしょうか?この価格でこのスペックであればまず納得でしょう。

デメリット

個人的にはこれにつきるかな、「お財布ケータイ非対応」であること。日本はFeliCaじゃないとほぼ電子マネー決済できませんからね。。現金主義の方であれば問題は全くないと思いますが。

それ以外は文句なし。強いてあげるならあとはUSBがタイプCでない事くらいかな。今後タイプCで出来る事が増えていきますからね。

m17とe19の比較

m17とe19比較

まずCPUとメモリがe19で大きく性能が向上してるんで、動作はかなり早くなってると思います。バッテリの容量も倍近くなってるので、e19はかなり長持ちするでしょう。

カメラの性能も良くなってるし、ストレージも倍。ほとんどの機能でe19がレベルアップしてるにも関わらず、価格が19800円の安さです。あらゆる面でm17を大きく上回るメリットをe19で実現している事になります。

ただし、m17には下記3点のe19には無い機能が備わっています。

①FeliCa(おサイフケータイ)

②防水防塵

③ワンセグ

この3つの機能に魅力を感じないのであれば、e19に機種変更で間違いなしだと思いますね。(ワンセグは要らないと思いますけど。)

TONE e19まとめ

e19まとめ

まず、TONEモバイルの契約をこれから検討されている方については、前途したm17の「3つの機能」が無くても良ければ絶対にe19の購入で間違い無しです。コスパ最強です。

すでに TONEモバイルの契約(m17)をされている方は、無理に機種変更する事は無いですが、例えば端末が故障して修理費用が発生(サポートプランの場合でも5000円かかる)する場合、e19に機種変した方が良いです。その5000円をe19に充てた方が良い。その価値はあるから。ただしこれも3つの機能が無くても不便しない方に限りますが。

最後に筆者のタイプの方、「m15」をお持ちの方。このパターンは少しお得です。故障サポートに加入していれば、5000円で「m17」に機種変更が可能だからです。というのも、店頭にはm15の在庫が無いため、m17で対応するしかないのです。結果通常30000円弱する端末が5000円で手に入ります。

※m15から故障サポートでのe19へ機種変更は対応不可だそうです。店頭で聞きました。

(2019.3.17追記:m17の販売が3月末で終了する為、在庫が無くなり次第、e19への機種変更が可能とのこと。ただし、2年程は在庫が切れないじゃないかと店頭の方がおっしゃっていました。)

ただ、e19の魅力もありますので、もちろん19800円で機種変更も有りです。この辺は個人の好みですね。

個人的には、e19はコスパ最強だから全額払ってでも機種変更したいんですけど、FeliCaが使えないから無理(泣き)、ショック。。しょうがないから、m17に決めました。

※m17の実機レビューはコチラ→toneモバイルm17レビュー「m15から乗り換えはなんと¥5000」これまたコスパ最強!

以上です。ちなみに、「e19」は3月1日発売予定です!予約はすでに受け付けてるみたいですよ!