ヘルニアクソ野郎エンジニアblog

~ヘルニアでHell near~

ソフトバンク新プラン「SoftBank on LINE」ドコモのahamoと同じ¥2890+20GBで対抗

calendar

本日、ソフトバンクモバイルより新料金プランの発表がありました。

先日発表のあったドコモの衝撃的なプラン「ahamo」に対抗するプランですね。

月額¥2980、上限20GB、5G 対応、とほぼahamoと同じ内容となっているようです。

どうやら子会社のLINEモバイルを完全子会社化し、MNOとしてサブブランド的位置にすえる模様。

サービス開始は2021年3月とのこと。ahamoと同じ。

Yモバイルはどうなるの?と疑問もあると思いますので、今回のソフトバンクの格安新料金プランの詳細と、またahamoとの比較をまとめようかと思います。

スポンサーリンク

ソフトバンク新料金プラン

「SoftBank on LINE」

現在はMVNOのLINEモバイルがMNOとなり、ソフトバンクの第二のサブブランドとなるそうです。

ahamo対抗に、サブブランド化したLINEモバイルをぶつけてきました。主な内容は下記のとおり。

・月額¥2980

・データ上限20GB(超過時は1Mbpsの速度制限?)

・LINEアプリカウントフリー

・国内5分通話無料

・オンライン専用契約

・esim対応

・キャリア内移動手数料無料

・5G対応

・家族割、光回線割あり(¥500)

こんな感じですね。

ahamoと同じと言っていいでしょう。LINEがカウントフリーですが、、、ね。。

Yモバイルとのすみ分け

現在のサブブランドであるYモバイル、こちらの立場はどうなるのかと思いましたが、どうやら「店舗サービス」の有り無しの差のようです。

一応Yモバイルも下記の料金プラン変更をかけるそうですが、LINEモバイルよりも高いです。つまり、「店舗サービス」がある代わりに割高ですよ、という感じでしょう。

YモバイルプランSプランMプランLプラン
パケット上限1GB10GB20GB
月額¥1980¥2980¥3780

Lプランが20GBです。ですがLINEモバイルの方が約¥1000安いです。

LINEモバイルは、MNOとなりますが「オンライン専用ブランド」的位置づけになります。したがって、複雑な手続きがオンラインでも問題ない、比較的若い層向けのプランと言えるでしょう。

ソフトバンクのメインプランも多少変更がありましたが、伝えるほどでもないので割愛します。

ahamoとの比較

ほぼ同じ

ahamoはサブブランドとしてのサービスでは無いようですが、内容としては今回の「SoftBank on LINE」とほぼ同じである事が分かります。オンライン専用契約にしても同じですよね。

ソフトバンクが完全に真似した感は否めません。

ですが、魅力的である事は間違いないと思います。ahamoが魅力的ですから。

まとめ

LINEモバイルをMNO化してのサブブランドで対抗は意外でした。

ahamoの二番煎じにはなりますが、ahamoが素晴らしいプランなので、「SoftBank on LINE」も十分魅力的ではあると思います。

とりあえずソフトバンクは、大容量のヘビーユーザー、およびお年寄りはメインプラン、通常ユーザーの若年層は「SoftBank on LINE」、安く済ませたいお年寄りはYモバイル、的な3つのブランドを掲げた構図になりますね。(なんかややこしいだけに見えるけど。。。)

とにかく、auも間違いなく対抗する事は目に見えています。

同じような内容になるでしょうが、多少は意外性を見せて欲しいですね。

一番は楽天モバイルが気になりますが。。このままなら、楽天は終わりでしょう。さらなる値下げに踏み切るでしょうね。楽しみ。