電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

フリーWIFIスポットが危険な理由「同じLAN配下に不特定多数が接続」つまり知らないおっさんと社内LANを組んでる様なもん

calendar

街を歩けば各所に「フリーWIFIスポット」があります。

端末の通信パケットを気にすることなく利用できる、無料のWIFIは利用者にとっては大きなメリットといえるでしょう。

しかし、無料であるが反面、セキュリティ的に不安定というリスクも伴っています。

例えば、WIFIスポットに接続すれば、そこに接続している全ての人と「同じLAN配下」に入ってしまう状況になります。

これはつまり、そこに悪意を持ったユーザーがいたならば、通信情報の盗聴や端末への不正アクセスを受けやすい環境下にいる事になります。

一般的には「VPN接続」を利用する事で、フリーWIFIスポットでも比較的セキュアな通信が確保されると謳われていますが、それはあくまでも「通信」の面での話になります。

同じLAN環境下にいるという事は、直でスマホやPCにアクセスされる危険性があり、これはVPN接続では防げません。

では、どのように端末への不正なアクセスを防ぐのか?となると、結論は「フリーWIFIスポットを使わない」に至ります。

スポンサーリンク

フリーWIFIスポット接続の危険性について

フリーWIFI LAN構成

通信の暗号化が不透明

WIFI接続には複数の通信の暗号化が存在し、「WEP」「WPA」「WPA2」等があります。

※WIFIのセキュリティや規格についてはこちらでまとめています。↓

後者ほどセキュリティが高くなりますが、この「暗号化」がされているのかがフリーWIFIスポットでは不透明な場合があります。(調べれば分かりますが。)

最近ではほとんどが「WPA2」で暗号化されているはずですが、なかには暗号化されていない怪しい場所も存在すると思われます。(悪意ある人がしかけたアクセスポイントだったり。)

通信の暗号化が甘ければ、通信内容の盗聴などを受けやすくなるので、WIFI接続の際は通信が暗号化されているか(WPA2)を事前に確認することが望ましいです。

不特定多数が同じLANに入っている

ここが一番危険なポイントですが、あまり気にしていない方が多い気がします。

これはつまり、知らないおっさん達と同じネットワーク内に入り込むということです。

社内LANで考えると分かりやすいと思います。同じLAN内ではファイルの共有が容易いです、それと同じ。

ですからPCでファイルが共有(誰でもOK)とかになってたらまずいですよね。スマホも同じことが考えられます。

違うネットワークにいても不正アクセスがある位ですから、同じネットワーク上となると危険度が上がる事は十二分に分かります。

フリーWIFIを使わない方が良い理由

端末へのアクセス

気を付けるべき点が多すぎる

まずデータ盗聴防止の観点で、WIFI通信の暗号化が行われているのか、WEB通信の際にhttps接続(暗号化)されているか、かつ出来ればVPN接続で通信の暗号化が図れているか、等、通信するだけでも暗号化に暗号化を重ねるような事をしなければなりません。

この辺りの手を抜くと、データの盗聴によって重要な個人情報(パスワード等)が抜き取られます。

さらに、自分の端末へのアクセスを防ぐ手立ても必要です。

ですがこれはもう「方法がない」と考えても良いかもしれません。セキュリティソフトを導入する事や、ファイルへのアクセス権限をしっかり定めておく位しか出来ないと思いますが、万全ではありません。

端末にアクセスされるとデータを盗まれたり、最悪は「スパイウェア」等のウィルスを埋めこまれてカメラで隠し撮りされちゃうなんて事も聞きます。

そんな事を狙ってる相手と同じLAN配下にいることは、とても恐ろしい事だと思います。

リスクが大きく防ぐ手立てに万全なものが無い

通信に関しては前途した内容でおおかた安全かと思われますが、端末への直のアクセスについては、これといった有効な手立てが無いと思われます。

つまり、念押しで気を付けていても、データを盗まれる事やスパイウェア等のウィルスを埋め込まれるリスクがつきまとう訳です。

結果、「フリーWIFIスポットは利用しない方が良い」となります。

フリーWIFIスポットが危険な理由「同じLAN配下に不特定多数が接続」つまり知らないおっさんと社内LANを組んでる様なもんまとめ

通信に関しては暗号化に暗号化される事で比較的安全だと思いますが、やはり同じLAN配下にいることで懸念されるのが「端末への直のアクセス」です。

お気に入りのエロ動画を抜き取られる位だったらいいですけど、スパイウェアを埋め込まれるのはシャレになりません。

これを防ぐ手立ては確固たるものが存在しませんので、やはり一番の回避策としては「フリーWIFIスポットは利用しない」事になるかと思います。