ヘルニアクソ野郎エンジニアblog

~ヘルニアでHell near~

M5stackで2足歩行ロボットの作成⑤「micropythonで立てたWEBサーバーにブラウザでアクセスしてPCA9685を制御しロボットを操作する」

calendar

前回、micropythonでPCA9685を制御しロボットのモーションを作成しました。↓

 

今回は、第3回で作成したWIFI AP,WEBサーバーのプログラムに前回のプログラムを追加し、ブラウザからロボットのモーションを操作できるようにしてみます。

前回同様、サムネイルの写真の通りハードウェアを繋いでおきます。

 

スポンサーリンク

server.py

importのモジュールと、サーボモーターの関数を追加しただけです。

それでは、このプログラムをPC上から実行してみます。

 

動作確認

M5stacのWIFI APに接続後、サーバーにアクセスします。

操作画面のhtmlが表示されるので、全てのボタンが正常に動作するか確認します。

問題なければ下のようになります。↓

 

次回は、M5stackの画面に表情をつけるプログラムを追加したいと思います。