電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

Raspberry Pi 4B ローカルファイル共有「samba」のインストールと設定方法

calendar

Raspberry pi 3B+で使ってて便利だと思ったのが「Mjpg-Streamer」「samba」「WebiOPi」の機能になります。

「Mjpeg-Streamer」→カメラ映像のストリーミング配信(WEB)

「samba」→ファイル共有プロトコル(SMB)

「WebiOPi」→ブラウザでGPIOを操作できる機能

これらは全て過去にインストールから設定までやった経験がありますが、Raspberry Pi 4Bでは同じようにいきませんでした。。

更新によるソフトウェア側の問題なのか、Raspberry pi4Bとの互換性の問題なのか、その辺りは不明ですが、過去とは異なる方法でインストールと設定が出来ましたのでここでまとめておこうかと思います。

今回は「samba」についてまとめます。

スポンサーリンク

samba

インストール

ウィンドウズでお馴染みのローカルネットワーク接続プロトコル「SMB」、これをリナックスでも使用できるようにした、同じようなプロトコルの「samba」というのがあります。

これを設定すると、LAN内で他のPCやスマホとファイルの共有(移動や参照)が可能になります。

ラズベリーパイの設定は下記の通りです。

シェルでsambaをインストール。

sambaコンフィグを編集

nanoエディタでsambaのコンフィグを開く。

これでsmb.confのファイルを編集します。表示されたコマンドの一番下の部分に、次のコマンドを付け足して、保存します。

[shere] → 共有名(任意)

path = /home/pi/shere →共有するフォルダへのパス(任意)

read only = No →参照のみにするかどうか

force user = pi →アクセス時のユーザー認証名

※ちなみに「printers$」のフォルダが初期状態で共有になっているので、気になるなら上の方にある「printers$」の記述のみを消去するといいです。

上記入力後、Ctrl+Oで保存、Ctrl+Xで終了させます。

認証PASSの設定

その後、sambaに接続する際のpassword設定をターミナルで入れます。(任意)

2回passを入力します。(入力時、passが画面に表示されないですが、ちゃんと反映されている感じです。)

これで、他のPCから接続する際は、エクスプローラーの検索欄に「¥¥ラズベリーパイのIPアドレス入力」で検索をかけると、ラズベリーパイの「shere」ファイルが出てきます。ユーザー認証のpassを入力すれば、あとはファイルのリード、ライトが可能になります。

samba

スマートフォンもしかり、ファイル共有アプリの「esエクスプローラー」や「X-plore」などで、ラズベリーパイのサーバー情報を入力すると、アクセスが可能になります。