電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

「トライブリット蓄電システム」はFIT切れ後に喉から手が出る程欲しい究極の太陽光蓄電システムである!けど金額どーにもならん!

calendar

reload

「トライブリット蓄電システム」はFIT切れ後に喉から手が出る程欲しい究極の太陽光蓄電システムである!けど金額どーにもならん!

太陽光発電の固定価格買取制度はご存じでしょうか?

FIT制度ともよばれ、これは家庭に太陽光パネルを設置するとそこから10年間は発電した余剰電力を一定の価格で電力会社に売る事が出来る制度です。

これが2009年から開始されたので、2019年に売電出来なくなった契約者が出始めました。

その後はどうなるかと言えば、基本的には「自家消費」になるのです。

ですから、太陽光パネルだけのっけてる家は、余剰電力を無駄に捨ててしまう事になってしまうんですね。

この捨ててしまう電力を有効に活用する為には「蓄電池」が必要です。余剰電力があれば貯めちゃえばいいんです。貯めた電力は日が沈んでから使用すると。

ですから、FIT切れの太陽光発電愛好家たちは、持ってなければ恐らく蓄電池の購入を検討していると思われます。(高いから悩むと思いますけどね。)

で、もともと付けてる方は問題ないと思いがちですが、それはそれで欲が生まれます。

「電気代を0にしてみたい」「どうせなら電気自動車も買って太陽光で充電したい」などです。少なくとも、私はそう思います。

そこで疑問が1つ、「電気自動車」(以後EV)は蓄電池の役割も果たすため、元々持っている蓄電池との両立は出来るのか?です。

調べてみると、出来るんですね、ありました。FIT切れの年にニチコン(株)が開発してますね、その名は「トライブリット蓄電システム」。

あまり知られていないと思いますので、恐らく太陽光発電愛好家たちは喉から手が出るほど手に入れたいであろう、この夢のシステムについてまとめたいと思います。

ちなみに私は2018年から5KWの太陽光パネルと4KW/hの蓄電池を家庭に設置しています。太陽光パネルの設置に興味のある方は是非参考にして頂ければ幸いです。↓

 

スポンサーリンク

トライブリット蓄電システム

トライブリット蓄電システム
 ニチコン(株)トライブリット蓄電システムより引用

トライブリッドパワコンにより3つの電池をまとめて効率よくコントロール

図にある通り、従来のパワコンの位置に入れ替わるように「トライブリッドパワコン」が入ります。

太陽光からの充電先は室内モニタ(リモコン)で設定が可能、トライブリッドパワコンから蓄電池、EVのどちらかに振り分けられるそうです。

また、EVがどっか出かけてる時は、もちろん蓄電池に充電され、夜帰ってきて「エレムーブ」って機能で、蓄電池からEVへ直で充電が出来るらしいです。

逆もしかり。EVから蓄電池も可能となる訳です。

家庭の電源もコントロール

太陽光で家庭の消費電力が補えない場合は、蓄電池、もしくはEVからの電力供給が指定できる。

蓄電池も8KW/h位まで設置できるみたいですが、EVなんてもともと40KW/h位ありますから、3日雨でかつ停電が続いても問題ないでしょうね。

まあ40KW/hなんで、家庭の太陽光が5KW積んでたとしても、満充電には夏場でも2日3日はかかりますけどね。

でも捨てる事考えればすんごい経済的。

トライブリット蓄電システムの実現について

EVは不可欠

トライブリッドパワコンだけではなく、EVありきのシステムなんで、日産リーフとか乗ってる事が実現の前提になります。

どうやらEV全てOKって訳でもなさそうで、テスラモーターとかは互換性が無いみたいですね。

充電の方式が違うのか、国内メーカーとの癒着か。

日産リーフでも十二分満足ですけども。

V2Hも必須

V2Hとは「Vehicle to Home」の略で、「車から家へ、家から車へ」という意味で、太陽光発電システムの発電電力や電気自動車の蓄電電力を車と家で自在に融通できる機器の名称です。

つまりこれが無いとEVの充電、家庭への電力供給が出来ないんですね。

イオンモールの駐車場なんかにある充電設備に似たようなやつです。

これ、家の駐車場にあったらかっこいいですよね。

肝心の設置費用について

太陽光、蓄電池有りの場合

とりあえず、FIT期間切れのパターンで計算してみます。蓄電池は持っているものとします。(メーカーによって互換性ありそうですが、今回は無視します。)

太陽光、蓄電池はあるので残りの「トライブリッドパワコン」「V2H」「EV」が必要です。(工事費も分からんのでとりあえず無視。)

トライブリッドパワコン:¥1,100,000

V2H:¥1,100,000

日産リーフ:¥3,326,400

合計:¥5,526,400

 

、、確実に、一桁多い。。

俺からしたら退職金。

退職金でこんなんしたら嫁に撲殺される。

平民には手の届かない領域

前途したとおり、確実に一桁多い価格。

私のような平民からすれば、ひねりだして、ひねりだして、退職金もはたいてようやく手にするドリームです。

見返りといえば、単なる自己満足にしか過ぎないでしょう、恐らく。

トライブリット蓄電システムで電気代はほぼ0、EVだから燃料費は浮く、けどそんなもん雀の涙ほどのリターンです。

悲しいけど、手の届かない領域。

「トライブリット蓄電システム」はFIT切れ後に喉から手が出る程欲しい究極の太陽光蓄電システムである!けど金額どーにもならん!まとめ

EVに手を出す時点で許容範囲オーバーの筆者ですが、このトライブリット蓄電システムにはかなり惹かれてしまいます。

もはや利益云々の世界ではなくなりますが、自力で電気を生みだし、車から家庭の電力から全てを賄うことが出来るのです。まさに夢のような話。

ちなみに既存のシステム(パワコン)を使いまわして、別の箇所にトライブリットパワコンを付けるやり方があり、そっちなら多少は工事費が安くなるそうな。

しかしまあ、どっちにしろ金額どーにもならん!

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す