電検三種攻略ブログ

電検三種とオススメ音楽。ためになる家電の知識をお届けします。

家電を簡単にIOT化し「スマートホームを満喫」しよう。

calendar

reload

家電を簡単にIOT化し「スマートホームを満喫」しよう。

ひとまず、自宅のスマートホーム化が完了しました。本記事にてまとめたいと思います。

今回は筆者の自宅を公開いたしますので、もし、スマートホーム化に興味を持っている方がいるのであれば、是非参考にして頂きたいです。

スマートホーム化に必要な機器もご紹介します。

スマートホーム化すれば、スマホでリビングの家電が操作可能になります。もちろん外から遠隔操作も可能。

スマートスピーカーとの連携も出来るので、ひと声かけるだけで家電のいろんな操作も出来ます。

「別に、付属のリモコン操作でいいじゃん?」と思うかもしれませんが、そういわずに一度体験してみて下さい。

家電のスマートホーム化には、夢、浪漫が詰まっています。このテクノロジーの進化と利便性を体験すれば、きっと感動するはずです。

※スマートホーム化には大前提として、家庭に無線LAN接続環境が必要です。

スポンサーリンク

非IOT家電のIOT化

スマートリモコン「Nature Remo」

ネイチャーリモ

最新の家電ではIOTに対応していますが、だいたいの家庭にある家電製品はIOTに対応してないでしょう。つまり、インターネットに接続する事が出来ないんですね。

これを解消するのが、スマートリモコン「Nature Remo」(必要な機器①)です。この機器を使う事で、疑似的にIOT化する事が出来ます。

まず、コレがあるだけでも、スマホでの家電操作、遠隔操作が可能になります。これだけでもすごいです。

Nature Remo についてはコチラ→Nature Remoと家電を連携させてみよう

エアコン・ライトをIOT化

エアコン、照明

リビングでIOT化されていない代表家電がエアコン、シーリングライト等ですね。これらがスマホで操作はもちろん、外出先から操作可能になります。遠隔操作でON,OFFだけでなく、温度の調整や明るさの調整まで可能になります。

さらに、GPSと連動して、ある区間に入ると自動でON,OFFしたり、湿度、温度でも設定した値でON,OFF等が出来ます。

これは Nature Remo にあるセンサーによって成せる技です。まさにスマートですね。

シーンに合わせた設定

スマートスピーカーによる音声操作

google home

上記設備が整えば、あとは「スマートスピーカー」(必要な機器②)を設置するだけで、音声により家電操作が可能になります。

筆者はgoogle homeを使用してますので、「OK google エアコンつけて」でエアコンの電源が入ります。これはライト、TV、オーディオ、掃除機、全てに対応出来ます。もちろん、TVのチャンネル変更等も音声で可能です。

これも正に、スマートホームをもろに感じる事が出来ます。未だに筆者は音声操作時に興奮します。

それ程に魅力的な機能です。

※google homeについてはコチラ→AIスマートスピーカー「Google Home」は想像以上に便利!

IOT対応ロボット掃除機

Minibot IOT

先日購入したばっかのロボット掃除機「Minibot」です(必要な機器③)。コチラはIOT対応ですので、 Nature Remo は要ありません。専用アプリで前途した家電のように操作が可能です。

ロボット掃除機、便利です。疑似家政婦です。

※IOTに対応していない掃除ロボットなら Nature Remo でIOT化は可能ですので、別のロボット掃除機でも良いとは思います。

Minibot についてはコチラ→おすすめ掃除ロボット「Minibot」レビュー。コスパ最強。

スマートホーム化まとめ

感動するご近所さん

厳密にいえば、冷蔵庫や洗濯機等、白物家電がまだ対応していないのがありますが、一先ずはここまで出来れば満足できると思います。

IOTが急速に浸透してきており、今後ももっと普及していく事は間違いありませんが、現状まだまだ一般家庭においては普及していません。

しかし、前途した通り、スマートホーム化は簡単に出来ます。

関心がないのであれば、持ってほしいし、難解だと思っているのであれば、簡単だと思って欲しい。

それくらいおすすめしたい価値があるのです。

TV、エアコン、ライト、オーディオ、掃除機、扇風機だって全て音声でコントロール出来るし、遠隔操作も出来る。シーンに合わせた自動制御もできる。近未来的な機能を目の当たりにし、その利便性に感動する事間違いないです。

これは本当に、是非体験して頂きたいです。

今ならきっとご近所さんにも自慢できますよ!